にきびとサプリメント利用時の注意点

お肌の健康に効果があるという栄養を補給することは、にきび対策の柱の一つだといいます。サプリメントであれば効率よく栄養成分の摂取が可能ですが、サプリメントを利用する時には注意しなくてはいけない事があります。

サプリメントは、過剰に摂取しすぎると体によくない影響がありますので、にきび対策以外の時でも、気をつけたいところです。特にビタミンCなどは余分に摂取したとしても、必要のない分は体外に排出されてしまいます。お肌の健康効果があるといっても、まとめてビタミンCのサプリメントを摂取したからといって、肌が早く治るということはありません。日頃からサプリメントを使用しているという人は、処方された薬とサプリメントなどの組み合わせにも要注意です。例えば、にきびの症状を緩和するためにビタミンCやビタミンB6を飲む時には、できれば一緒に飲まない方が体にいいという栄養素があります。ビタミンCと利尿効果のある薬を一緒に利用すると結石ができる可能性が高くなるそうです。パーキンソン病の薬を飲んでいる人が、同じタイミングでビタミンB6を摂取していると、薬の効果が低下することがあります。サプリメントを飲む時は水か白湯などで飲むようにして、コーヒーやお茶などと一緒に飲むのは避けましょう。カフェインやタンニンが含有されている飲料の場合、サプリメントの成分が吸収しづらくなってしまうことがあります。にきびのために使うサプリメント以外のものにも共通することですが、サプリメントを飲む時には適切な飲み方をしてください。
http://www.signdepotaz.com