順番を守って大切な肌を守ろう

スキンケアの順番と言うのは意外に知っているようで知らない人も多いようです。

まずスキンケアと言うのは肌を健やかに保つためのケア方法で、肌を清潔にするクレンジングと洗顔、肌にうるおいを与える化粧水や美容液、それから肌の潤いを守る乳液、そのほか潤いを維持するためのナイトクリームなどです。

クレンジングの役割はメイクを落とすことです。メイクと言うのは油性の汚れになっているので、クレンジングのオイル成分がメイクと混ざって汚れを浮かせてくれます。それをすすげばメイクはスッキリと落ちるのですが、汗とか水性の汚れは落ちないので、洗顔料をつかってダブル洗顔をしないといけません。

最近はダブル洗顔不要のクレンジングも出てきてはいますが、基本的にはダブル洗顔をしたほうがいいでしょうね。

洗顔料は先に述べたように、水性の汗汚れや皮脂汚れを落とす役割をします。そのほか花粉やpm2.5などのホコリや塵なども落としてくれます。

洗顔をしっかりしておかないと、このあとの化粧水などのケアがしっかりと肌に浸透しないので一番大事とも言えますね。

化粧水と言うのは肌の角層に水分を浸透させること、つまり保湿の役割があります。

化粧水にはエタノールが含まれているものがありますが、これら肌の使い心地はいいのですが、水分を逆に逃がしてしまう揮発性もあるので、できれば配合されていないアルコールフリーのものを使用するほうがいいでしょう。

化粧水はたっぷりつけたほうがいいという説と、適度につけたほうがいいという説がありますが、実際にはほどほどに適量付けるのが当たり前ですがいいみたいです。

そのあとエイジングケアなどをしっかりとしたい場合は美容液を使います。

シミやシワの有効成分が配合された美容液を使用すれば、肌の細胞を活性化させてバリア機能を正常化したり、ターンオーバーを促進させることができます。

若い人は化粧水だけで十分で、そのあとの乳液をしっかりしておけば後は自然の肌の力で健やかに保てるでしょう。

乳液は肌の水分が蒸発しないように肌に被膜を張る役割をします。乳液はクリームタイプと液体タイプがありますが、乾燥しやすい場合はクリームタイプが有効です。

逆にオイリー肌の場合はべたつきが気になってしまうので、サラッとしたミルクタイプが良いでしょう。

敏感肌クレンジングのコスパ